Spread the love

TECHIIAとは

TECHIIAとは、マイニングエクスプレスと事業提携を結んでいるオレグ氏・ユーリ氏の会社「 Dainalain Limited Limited社 」のプロジェクト名です。
TECHIIAの中には、ウクライナ最大のe-sportsプレイエリア『WePLAY.TV』や、マイニングエクスプレスを代表とした、データセンター運営などを用いてソリューションを解決する『TECHIIA construction』などがあります。

その中でも一番注目されているのが、ウクライナのザポリージャ州に建設中である、広大な電力施設『EcoTechnoPark(エコテクノパーク)』です。

EcoTechnoParkについて

エコテクノパークについて、以前オレグ氏とユーリ氏がその展望を語ってくれました。(1分50秒前後からEcoTechnoPark(Cityプロジェクト)についての話が出ます)

<日本語訳抜粋>
その後は、「City プロジェクト」のシステム整備に移行します。
このプロジェクトは既にご存知の方も多いかと思います。ウクライナのZaporizhiaにて計画を進めています。
その街は、発電所に直接接続されます。この発電所との契約は既に締結されています。そして、土地の使用ライセンスも既に会社に帰属しています。
このプロジェクトの序章として、広大な土地を用意しています。この建設作業は今月の終わりに、ウクライナの気候がもう少し暖かくなったら開始します。

プロジェクトは現在、順調に進行しています。プロジェクトに関連する必要書類の整備は完了し、建設の開始に向けて準備が整っています。
電気系統の設備導入も準備を進めています。
以前にもお話をしましたが、このプロジェクトにおいて利用できる電気のコストは、世界の他の地域と比較して、何倍も安いです。マイニングやレンダリングビジネスをするのに最も適した土地であり、それが新しい「City プロジェクト」です。
<抜粋終わり>

つまり、Cityプロジェクト…エコテクノパークが完成することで、マイニングエクスプレスが行っている暗号通貨マイニングを何倍も効率良く行う事ができ、利益の増大=会員への還元やさらなる設備投資 というサイクルが可能となります。

過去にTECHIIAを紹介した記事

Cityプロジェクト及びTECHIIAについては、以前の記事で詳しく紹介しています。
こちらについても是非ご一読ください。

MiningExpressが将来電力会社に!?Cityプロジェクトとは

Cityプロジェクト『TECHIIA』の追加情報

EcoTechnoParkの土地権利書

さて、今回の記事では、このエコテクノパークの『土地権利書』についての書類を徹底解剖したいと思います。

以前入手した書類の一つに、この土地権利書がありました。

公的な書類であることはなんとなくわかるものの、ウクライナ語で書かれているものをスキャンされており、日本人の私達には一見して意味のわかるものではありませんでした。
今回はこの書類について一つずつ解説していこうと思います。

QRコード

まず左下にあるQRコードを読み込むと、この書類が偽造ではなく公式に登録されている事がWebサイト上で表示されます。

赤字は日本語訳を上から書き足したものです

サイトのURLは(https://rnb.nais.gov.ua/)、.govは政府機関のトップレベルドメインなので、正式に認められた書類であることがわかります。
HHR 888597というのは書類の識別コードです。

書類の発行機関

書類の下部にある「Міністерство юстиції」は、「司法省」です。
この書類は、司法省が発行した書類であることがわかります。

文書の日本語訳

書類の文書を日本語に訳すると、次のようになります。
※日本語訳について、正しく翻訳出来ていない可能性もありますのでご容赦ください

<文章抜粋>

国営企業「Kamyansko-Dniprovsky Forest Identification Management(カミャンスコ・ドネプロフスキー森林識別管理)
法人番号:00992007、Zaporizhzhia州、Kamyansko-Dniprovsky地区、Kamianka-Dniprovska市、Pershotravnevストリート、7ハウス.
代表Gryshsnka Alexandrovich Alexandrov (1963生まれ)
ウクライナのパスポート番号:SU 393730
ウクライナのミハイロフスキーRC UDMSが発行した税金2311920239のタックスカードの発行番号
カミャンコドニプロフスカ市カミャンスコドニプロフスキー地区ザポリージャ地区に登録されています
スミルノバ通り、家6、SEの憲章(改訂)に基づいてその権限内で行動、ウクライナの国家森林委員会のKamyansko-Dniprovsky森林2010年10月20日
法定住所:29.08.2015
支払人とザポリージャ地域:承認された農場の注文」、334、国家登録番号03.12.2010
記録番号10861050009000090(登録変更10.05.2012、記録10861050011000090、10861050016000090で登録)および2018年3月28日付ウクライナ森林資源局の命令により登録」契約の下でグリシェンコOV “および02.02.2019 N 83-kから「2015年3月31日に締結された契約の延長について、グリシェンコOVを記録」

声明

州森林局の土地所有者の推定面積は122.1ヘクタールで、第12四半期(12)、セクション1-16(1-16)および第13四半期(13)、第1-3、13(1-3)、 13)水林業、前述の土地の永久使用からの撤去に同意し、会社「Dinalline」、法人の識別コード:42657741、研究センターの実験発電所の建設と運用1993年4月19日のウクライナ大臣の政令に基づく国営企業「Kamyansko-Dniprovsky Forestry」の使用からの土地の除去に起因する損失に対するさらなる補償を伴う、ザポリージャ州エネルゴダル市の代替エネルギー源の土地所有者と土地利用者への損害賠償を認めること。」 2月2日の14日、1,000、19日。企業「Kamyansko-Dneprovsky Forestry」、

ウクライナ、ザポリージャ州カミアンクドニプロフスク市。
ザポリージャ州のカミャンスコ・ドニプロフスキー地区公証人地区の公証人は、国営企業のディレクター「カミャンスコ・ドネプロフスキー林業」アレクサンダー・グリシェンコの署名の信真実性を証明します。代表者の身元が確立され、彼のEMTTが検証されました。
<抜粋終わり>

文章の解説

この書類では、まず上部に「カミャンスコ・ドネプロフスキー森林識別管理」についての法人情報や代表者の名前などが記載されています。
国営企業であるKamyansko-Dniprovsky Forest Identification Managementが、EcoTechnoParkの建設予定地であるザポリージャ州に登記されている事が証明されています。

次に「声明」の部分、土地所有者は土地の永久使用から撤退し、『Dinaline』の研究センター(EcotechnoParkでいうデータセンター)の発電所建設と運用を認めることが書かれています。(すみません、翻訳の精度の問題でニュアンスが分かりづらいかも知れませんm(_ _)m)

さらにその下には、公証人の立ち会いのもと、カミャンスコ・ドネプロフスキー林業の代表者アレクサンダー氏の署名が間違いないことが証明されています。

登場する会社について

書類に登場する2つの法人「Kamyansko-Dniprovsky Forest Identification Management」「Dinaline」について、ウクライナの法人情報を網羅している”YOU CONTROL(https://youcontrol.com.ua/)”のサイトで情報を見ていきたいと思います。

Kamyansko-Dniprovsky Forest Identification Management(カミャンスコ・ドネプロフスキー森林識別管理)

カミャンスコ・ドネプロフスキー森林識別管理の法人番号は「00992007」です。
以下がYOU CONTROLに登録されている法人情報です。

<情報の抜粋>
登記日:1992年5月21日(創業27年)
資本金:720 929.84 UAH(約300万円)
事業体:国有企業
主な事業:Logging
住所:71304、Запорізькаобл。、Кам’янсько-Дніпровськийрайон、містоКам’янка-Дніпровська、ВУЛИЦЯПЕРШОТРАВНЕдиок
電話番号:+380613823402

Dinaline(ダイナライン)

ダイナラインの法人番号は「42657741」です。
以下がYOU CONTROLに登録されている法人情報です。

<情報の抜粋>
登記日:2018年11月29日
資本金:1 000 000.00 UAH(約419万円)
事業体:有限会社
主な事業:データ処理、ホスティング、および関連アクティビティ
住所:69005、Запорізькаобл。、містоЗапоріжжя、ВУЛИЦЯПАТРІОТИЧНА、будинок64Д
電話番号:+0661900044

オーナー(コントローラー):IUR. KROT OLEH OLEKSANDROVYCH(オレグ氏)
法人設立者:KROT OLEH OLEKSANDROVYCH(オレグ氏)

Dinalineのウェブサイト

DinalineのWebサイトは以下のURLから確認することができます。

『TEAM』のページには、オレグ氏・ユーリ氏が載っています。

KROT OLEH OLEKSANDROVYCH(オレグ氏)の情報を検索

ついでに、Dinalineのオレグ氏の情報を同じく検索すると、以下の情報が出てきます。

実に19件もの会社・団体に関わっていることがわかります。
そして、4番目に『TECHIIA』の情報が出てきています。

TECHIIAの法人情報

<情報の抜粋>
法人番号:43112979
登記日:2019年7月12日
資本金:1 000 000.00 UAH(約419万円)
認定者:KROT OLEH OLEKSANDROVYCH(オレグ氏)
事業体:有限会社
主な事業:データ処理、ホスティング、および関連アクティビティ
住所 02081、м.Київ、ВУЛИЦЯДНІПРОВСЬКАНАБЕРЕЖНА、будинок21 Д
電話番号:+380661900044

(おまけ)マイニングエクスプレスの法人情報

YOU CONTROLでは、マイニングエクスプレスの法人情報も見ることが出来ます。
これまで「マイニングエクスプレスは運営会社がない」など、根拠の無い話が出回っていましたが、ウクライナにちゃんと登記されています。

<情報の抜粋>
法人番号:42031062
登記日:2018年3月29日
資本金:1 000 000.00 UAH(約419万円)
認定者:KROT OLEH OLEKSANDROVYCH(オレグ氏)
事業体:有限会社
主な事業: コンピュータプログラミングアクティビティ 、その他の情報技術およびコンピューターサービス活動、データ処理、ホスティング、および関連アクティビティ
住所 :02140、м.Київ、ВУЛИЦЯБОРИСАГМИРІ、будинок2
電話番号:+380972044490

オーナー(コントローラー):SOUZA FUZIIAMA KARLOS KHOSE(カルロス氏)

まとめ

いかがでしたか?TECHIIAの一大プロジェクトである『EcoTechnoPark』は、絵空事ではなく政府の公的書類に裏付けされた現実的なプロジェクトとして着実に進行している事がわかります。また、オレグ氏の『Dinaline』やカルロス氏の『MININGEXPRESS』の存在についても確認できたかと思います。

これから完成に向けてどんどん新たな情報が解禁されると思います。
引き続き情報を追っていきますのでお楽しみに♪

マイニングエクスプレスについて興味を持たれた方は、下のLINE@アカウントに友達登録をお願います。
トークで話しかけてもらえると、運営と1:1トークに切り替わるので、そこでご質問など受け付けています。

最後までご覧いただき有難うございました。


Spread the love