Spread the love

2019年11月1日から、マイニングエクスプレスのマイニング報酬が増加しています。要因としては、デュアルマイニング(後述)の開始などによるもので、 昨日(10月末)と今日で実に150%~160%ほどの違いが出てきています!

以前より予告されていたマイニング報酬の増加

実はこのマイニング報酬の増加、以前から11月になったら増加するという事が予告されていました。つまり、突発的や偶発的に上がったものではなく、上がるべくして上がったものなのです。

偶発的な上昇であれば暗号通貨の価格と同様また下がる可能性もあるのですが、今回のように事前に伝えられて、それが有言実行されたという事は参加者にとって安心できることだと思います。これから予定されている事についても、より期待が持てるようになったのではないでしょうか。

月末~月初のマイニング報酬画面

こちらが、マイニングエクスプレスの管理画面(backoffice)の実際のキャプチャーです。

「値」の項目が報酬として入ってきたBTCで、「量」の項目が入ってきたBTCのUSD換算となります。
上記画像を見ると、10/31の報酬が0.00103885BTC=9.54USD(1030円)から、11/1には0.00154328BTC=14.15(1528円)となっており、150%の上昇となっています!
10/30以前の報酬と比べてみても、明らかに上がっている事がわかります。

この上昇は、当然このアカウントだけでなく、世界中のマイニングエクスプレスの登録アカウントで確認されています。

さて、実は今回の上昇の要因となったのは、マイニングエクスプレスが行ったある施策にあります。

爆上げの要因となったデュアルマイニング

今回マイニング報酬が爆上げとなった要因の一つに、デュアルマイニングというものがあります。

デュアルマイニングとは

デュアルマイニングとは、通常1つの通貨をマイニングする所を、同時に2つの通貨をマイニングする手法です。
しかも、現在のハッシュレートを落とさずに新たな通貨をマイニングできるため、実質的なハッシュパワーは倍増する形となります。

マイニング機器のGPUには複数の電源ポートが有り、1つの電源ではGPUの能力をフルに使うことはできません。2つ目の電源ポートからも電力を注入することで、より多く部分に電源が行き渡り、マイニング機器の性能を引き出すことが可能となります。

デュアルマイニングのイメージ

同じGPUを動かしてハッシュレートを落とさずにもう一方の通貨を採掘できるのであれば、一見お得に見えますが、このデュアルマイニングを行うには1つのデメリットがあります。

それは「消費電力」。1つの通貨しかマイニングに比べて、デュアルマイニングの場合消費電力が多くかかってしまい、電気代が増加してしまいます。
なので、電気代の高い、日本などでデュアルマイニングを行っても、決して効率が良いとは言えません。

電気代の安いマイニングエクスプレスだからより効果的に

そこで注目されるのが、マイニングエクスプレスの電力戦略です。
まず、ご存知のようにマイニングエクプレスがあるウクライナの電気代は世界的にみて最低レベルで安く、マイニングを行うのに極めて適した環境です。

詳しくはこちらの記事もどうぞ。

さらに、マイニングエクスプレスは今夏、これまで引いていた電力を1万V→15万Vに引き上げ、一層の効率化を図っています。
加えて、マイニングエクスプレスと提携しているDInaline(TECHIIA)が計画している『エコテクノパーク』の実現に伴い、さらなる電気コストの低下も計画されており、マイニングエクスプレスは電力戦略に非常に力を入れている事がわかります。

ウクライナに建設中のエコテクノバークイメージ図

TECHIIAについての詳しい内容はこちらの記事に記載しております。

つまりマイニングエクスプレスは、「クラウドマイニングの成功=電気コストをいかに効率化するか」という事を一貫して取り組んでいる会社であり、その計画が徐々に反映されてきているのが現在の状況であると言えます。

今回の上昇が、将来的にさらに大きい価格の変化に

マイニングエクスプレスが現在主にマイニングしているのはETH(イーサリアム)です。その発掘されたETHは、その時点でのBTCのレートにより変換され、管理画面にてBTC(ビットコイン)の通貨で入ってきます

これには幾つかの理由があるのですが、その1つに”ETHとBTCの価格差”があります。
暗号通貨がブームとなっていた2017年末から2018年初頭、ETHもBTCもその年にそれぞれ最高価格を更新しています。

しかし2018年、一旦その過熱ぶりは収束し、現在の価格は最高値と比べて以下のように変わっています。

BTCとETHの最高値と現在価格

マイニングエクスプレスは、将来的なブロックチェーン・暗号通貨の可能性を信じており、通貨の価格も今後上昇していくと見越しています

イーサリアム上昇によるマイニング報酬シミュレーション

2019年10月までのマイニング報酬は1日約0.00103885BTC (上記管理画面キャプチャを参考)、1ヶ月で約0.0311655BTCと仮定します。
これは、イーサリアム換算で1.60748ETHです。同様に、11月に入ってからのマイニング報酬も試算します。

<マイニング報酬増加前(~2019年10月)(一例)>
0.0311655BTC/月  (1.60748ETH )

< マイニング報酬増加後(2019年11月~) (一例)>
0.0462984BTC/月  (2.38802ETH )

仮に、ETHが最高値まで戻ったと仮定しましょう。
ETH…150,000円
この場合の2019年10月までと11月以降のマイニング報酬を、それぞれ当てはめてみます。

●マイニング報酬増加前 → ●マイニング報酬増加後
・ETH…241,122円/月   →  ・ETH…358,203円/月
なんと1ヶ月で10万円以上の価格の差が出ます。

これはあくまで1つのプランでの実績であり、プランの選択次第では今回の報酬増加の恩恵を何倍も受けることが可能です!

今後の動向に注目

いかがでしたでしょうか?
色んな情報が錯綜し、守られない約束も多い暗号通貨界隈ですが、こうやって言ったことをきちんと実行してくれるマイニングエクスプレスには好感が持てますね

さらに、近い将来イーサリアムエクスプレス(EEX)を始め、TECHIIAのエコテクノパークなど、ポジティブな要素が盛りだくさんです。
計画が予定通り進み、マイングエクスプレスが名実ともに世界一のマイニングカンパニーとなることはほぼ間違いありません。

これからも楽しみなビジネスです!


Spread the love