Spread the love

関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー①
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー②
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー③

キエフからイスタンブールへ移動

今回のツアーの目的の一つである、マイニングエクスプレスのマイニング工場見学。
前回までの記事では、そのあまりの凄さに圧倒された事を書きました。

ラストとなる今回は、マイニング工場見学の興奮も冷めやらぬ中、次の目的地であるトルコの『イスタンブール』へ出発する所からです。

マイニング工場はウクライナなのに、何故イスタンブールへ??
それは、今後のマイニングエクスプレスを語る上で重要な意味を持つ、カンファレンスが行われるからです!

さらに、1周年記念パーティも行われます♪

充実したウクライナを後に、いざトルコへ!

黒海の上を通り、キエフからイスタンブールに到着です。

キエフから約2時間の航路

イスタンブールに到着

イスタンブールにある『イスタンブール新空港』に到着しました。
今回のツアーの趣旨とは違うのですが、この空港、まぁ凄い。
びっくりするほど大きくて、スケール感が桁違いでした。

2018年10月に開港したばかりで、できたてホヤホヤ。
しかもまだまだ工事中で、これからさらに広くなるのかと思うと恐ろしいです。

なんでも。最終的には世界最大の国際空港になる予定とのことで、立地的に難しいのかも知れませんが、日本でもこんな規模の空港ができたら…と羨ましくなります。

トルコの町並みですが、ウクライナの自然豊かな風景と比べると、こちらは経済規模が段違い。
いたる所に高層ビルや大きな建物があり、さらに傾斜も多いのでその建物たちが高低差を活かしてダイナミックに建造されていて、迫力があります。

空港からホテルに到着。
このホテルで、カンファレンスやパーティが行われます。

ちなみに、泊まったホテルはインターコンチネンタル!
四つ星ホテルに泊まれるなんて、贅沢でした。

マイニングエクスプレスのカンファレンス開催

さて、いよいよ今回のツアーのもう一つの目的。
マイニングエクスプレスのカンファレンス&パーティの開催です!

カンファレンス会場は、格調高い大広間に所狭しと並べられた椅子に座り、目の前には大きなスクリーンを掲げたステージがありました。

カンファレンス会場

みなさん正装でビシッと決めています。
しばらくすると会場が暗くなり、カンファレンスがスタートしました。

フリーアナウンサーの方が司会として登場するなど、進行も豪華でした。

まず流れたのはオープニングムービー
なんと、日本を出発してウクライナに着き、工場見学からイスタンブールの到着など、これまでの旅が音楽に合わせて編集されて流れました。
何という早業!

オレグ氏&ユーリ氏の登壇

オープニングムービーで皆のテンションが上がり、まず最初に登場したのは、マイニングエクスプレスと事業アライアンスを結んでいるWePlay.TVのCEOオレグ氏
通訳の方を介して、これからのマイニングエクスプレスの将来を語ってくれました。

登壇するオレグ氏(左)とユーリ氏(中)、右は通訳の方。

詳しい内容についてはここで書けませんが、マイニングエクスプレスの将来性を確信するのに十分な素晴らしい内容でした

少なくともWePlay社やオレグ氏・ユーリ氏のお二人はこの事業に対して全身全霊で取り組んでおり、今後様々な施策を打ってビジネスの成功に尽力してくれるであろうことを実感しました。

次にユーリ氏の登場です。
オレグ氏が経営の舵取りを行うCEOに対して、ユーリ氏は技術部門の最高責任者。
具体的な内容が次々に飛び出しました!(専門的な用語が多くて通訳の方が大変そうでしたが^^;)

ユーリ氏によるテクニカルプレゼンテーション

ユーリ氏が話した内容は主に2つ。
新通貨の「イーサリアムエクスプレス」とカジノアプリ「mimy」でした。

イーサリアムエクスプレスについて

まず、今回のカンファレンスにおいて最大のサプライズとして発表された、マイニングエクスプレス独自のコイン『イーサリアムエクスプレス(通称:EEX)』
紹介映像が流れ、追ってユーリ氏が技術的な説明を行いました。

イーサリアムエクスプレスとは

イーサリアムエクスプレス(EEX)は、将来的にイーサリアムが承認アルゴリズムをPoWからPoS(Ploof of Stake)へ移行する事を前提に、先手を打ってイーサリアムからフォークするマイニングエクスプレスのオリジナル通貨です。
ティッカーシンボルは『EEX』、具体的なフォーク時期については現段階(2019年6月)では未定です。

EEXの一番の特徴は、承認アルゴリズムにPoA(Ploof of Authority )を採用していること。
PoAの承認アルゴリズムは、限られたバリデータ(マイナー)がトランザクションの承認を行う仕組み。さらにマイニングエクスプレスではPoAにオリジナルの評価軸を加え、既存のアルゴリズムにとらわれない全く新しい仕組みを生み出したそうです。

それは、イーサリアムエクスプレスのエコシステム(生態系)により貢献した人に報酬が入る仕組みになるとのこと。
例としてユーリ氏は、コインの取引を挙げていましたが、まだ他の条件もありそうな雰囲気。

現在は続報を待っている状態で、今後の発表が待たれます。

さらに詳しい情報は「イーサリアムエクスプレスコイン(EEX)とは!?」の記事を御覧ください。

mimyについて

イーサリアムエクスプレスの衝撃が冷めやらぬ中、続いて流れた動画は『mimy』という、オンラインカジノのアプリについてでした。

マイニングエクスプレスの事業背景の説明で「ソフトウェア開発(オンラインカジノ等)」と紹介したものが、今回発表された『mimy』に当たります。

さすがソフト会社のWePlayというべき、素晴らしいアプリが完成しそうです。
ムービーのサンプルでは、ワールドカップやNBAの勝敗予想がされ、簡単にベット出来る様子が流れていました。

さらにユーザーが作成できるコンテンツ(賭けの内容?)、お得意のAIによるリアルタイム予測機能などが盛り込まれるようです。

mimyのプレゼンテーションムービー

日本人の我々もこのアプリを使えるかどうかはまだ未知数ですが、もし日本でも使えるようになると、簡単にスマホからベットできるので流行りそうな予感しかしないです
こういったサブビジネスが流行れば流行るほど、よりマイニングエクスプレスの企業態勢が盤石なものとなり、よりマイニングビジネスを安心して広められる事でしょう。

カルロス氏の登壇

ユーリ氏の技術的なプレゼンテーションを終え、いよいよ壇上にはマイニングエクスプレスのオーナーであるカルロス氏が登場です!

カルロス氏登壇!

「あまりこういった場は得意ではない」と言いつつも、この事業に対する熱い想いを語ってくれました。

カルロス氏の言葉から受けた印象は、とにかくこのビジネスに関わる人達への『感謝』の思いでした。そこには、私達ツアー参加者も含まれています。
初日の歓迎ディナーもそうですが、このような場にカルロス氏を始めオレグ氏・ユーリ氏が顔を出すことは、本来考えられない事です。
皆の前に顔を出して親睦を深める事の意味を、私達は”決意”として感じ取ることが出来ました。

またカルロス氏の人柄はとても良く、「皆でこのビジネスを成功させて、カルロスをビッグにしよう!」という気にさえさせます^^

その後は、表彰や新プランの発表などがあり、1時間以上あったカンファレンスは終了しました。
そして会場を移動し、お楽しみ記念パーティの始まりです!

MiningExpress1週年記念パーティ

カンファレンス会場とは別の階に用意されていたパーティ会場。
開始前の会場に入ると、既に料理やドリンク、DJブースにフォトスポット、VRゲーム(!?)やシーシャスポットなどが用意されていました。

カルロス氏はもちろん、オレグ氏やユーリ氏も会場に来て、皆と親睦を深めてくれました!
トルコ料理はもちろん美味しいし、お酒も進みます。
酔いが回ってきたら夜風に当たって皆で談笑したり、素敵な夜でした^^

パーティ中に行われたイベントで一番盛り上がったのが、賞金が当たるくじ引き
カンファレンス会場で配られた半券の数字が読み上げられた数字と同じだったら当たりで、それはもう豪華なものが、多くの人に当たっていました(恐らく30名以上の人に当たったのではないでしょうか)。

1位の金額は、そのへんのTV番組の賞品よりも豪華なくらい!
当たった方が羨ましいです^^;

その後は、同ホテルにあるバーに移動して2次会をしたり、部屋に戻ったりと、各々好きな時間を過ごして就寝です。

カンファレンスの内容もパーティも衝撃が強すぎて、興奮してなかなか寝付けなかったことは言うまでもありません笑

最終日:トルコ観光~帰国

最終日、イスタンブール新空港から羽田へ帰る便の出発時間は深夜2時。
日中は自由時間となり、それぞれ観光したりと好きな時間を過ごしました。

その中で見つけたお店がこちら↓バザールの中にありました。

ビットコイン交換所

ビットコインなど、暗号通貨をエクスチェンジしてくれる店舗です。
凄いのがドルやトルコリラなどの法定通貨にも対応しており、その時のレートに応じて暗号通貨を店舗で現金化してくれます。
日本では見かけることが出来ない店。暗号通貨がいかにグローバルなものであるか、実感させられました

しかし、日本だと暗号通貨を日本円に替えると20%程の税金がかかりますが、この場合はどうなるのでしょうか。
技術が先行して規制が追いついていない感のある暗号通貨市場。こういった事例1つとっても、今暗号通貨に触れている人はまだまだアーリーアダプターであることが判ります。この先ブロックチェーンが当たり前になり、暗号通貨がより身近になった時が来るのが楽しみです。

総括

さて…勉強になり、興奮し、楽しかったMEウクライナツアーもこれにて終了です。

参加してみて一番確信したこと、それは”暗号通貨の将来とマイニングエクスプレスの未来になんの疑いも無い ” ことでした。

今回参加された人たちの中には、もしかしたらマイニングエクスプレスのビジネスに対して不安に思われていた方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それも今回の体験でその不安も全て払拭されたことでしょう。

ウクライナのマイニング施設における、稼働し続ける数万台のマイニングマシン換気設備、他に類を見ない電気設備、強固なセキュリティシステム
そして、イスタンブールの1週年カンファレンス&パーティにて語られた、カルロス・オレグ・ユーリの言葉と将来への展望・・・・・・その全てが、マイニングエクスプレスの信頼性と将来性を約束したような、素晴らしいものでした。

今回のツアーは長時間のフライト&ドライブとなり、お疲れの方も多かったと思います。
ですが、その苦労をしなければ、見えてこないものがあります。

参加された皆さんは、単にセミナーやネットで語られる情報では知ることが出来ない、「事実」を知った証人になりました。
これから彼らが伝える言葉には、全て”説得力”という武器がついてきます。

人から聞いた情報を単に伝言するのではなく、自分の足で動いて、自ら体験した事
それは、実際に体験していない人の言葉の、何十倍もの説得力と信頼性がプラスされ、相手に届きます。

新しいビジネスは、常に懐疑的な見方をされるものです。
周りにマイニングエクスプレスに対して少しでも不安に思っている人がいたら、参加者たちは今回の体験を伝える事でしょう。
それが、将来大きな輪となり、事業を支えてくれるものだと思います。

長くなったこの体験記、見てくださった方も有難うございましたm(_ _)m

もっと色んな話を詳しく聞きたい!と思う方は、下のLINE@アカウントを友達登録して、話しかけてみて下さい。
スタッフと1:1トークができますよ^^

関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー①
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー②
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー③


Spread the love