Spread the love

関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー①
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー②
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー④

3F…マイニングマシン設置スペース

前回、マイニング工場の到着から電気設備のスペースまでを紹介し、その途轍もない電気設備に感動したという記事を書きました。

さて、3階に上がり、ここからはいよいよマイニングマシンの設置スペースの見学です。

マイニングマシンとご対面!

通されたのは、スモークガラスでマイニングマシンと通路が仕切られたスペース。

ガラスの向こうでは、GPUが忙しそうに唸りを上げています。

スモークガラスにスマホをくっつけると中の様子がわかります

スタッフ曰く、この階には4000台のマイニングマシンを設置しているとの事。

地下1階にはこの階の3倍以上のマシンがあるので、全部含めると相当な台数である事がわかります。
事実、各マイナーのマイニング量は常に公開されており、現在(2019年6月)のマイニングエクスプレスの、イーサリアムマイニングのシェアは全体で15位、1日に49ブロック(報酬…98ETH)のマイニングを行っていることは周知の事実です。
(参考:https://etherscan.io/stat/miner?range=1&blocktype=blocks)

世界15位になるほどのマイニングを行うには、やはりこれだけの設備が必要となるのです。

なお、ウクライナ以外の地域だと、現在の状況ではマイニングしても赤字になるケースが多いのですが、ウクライナでは電気代と人件費が格安なため、現状でも多額の利益が出ている計算となります。(詳しくはウクライナでマイニングを行う3大メリットの記事を御覧ください)

ズームしてマシンの細部を撮影

ちなみに、マイニングマシン1台につきGPUのグラフィックカードは複数枚刺さるようになっています。

台数=GPU枚数ではないので、実際のGPUは数万枚刺さっている事が想定できます。

撮影に興じるツアー参加者のみなさん

マシン向かいの会議スペース

マイニングマシンの設置スペースには、おしゃれな会議スペースがありました。

ガラスで仕切られた会議スペース

長テーブルに大量の椅子、モニターも設置してあり、何やら世界会議でもできそうな雰囲気です。
この日は会議は行われていませんでしたが、会議中の写真を入手しているので紹介します。

凄い光景ですよね。
今後の運営方針などについて話し合いが行われているのでしょうか。

ちなみに、マイニングエクスプレスで働く150名のスタッフの中には大勢のシステム管理・プログラマーが居て、常に暗号通貨の情勢をチェックし、採掘するコインの選定なども行っています。仮にイーサリアムをマイニングしない場合でも、モネロやジーキャッシュなど他のアルトコインを採掘することができるのが、GPUマイニングの強みなのです。

次は、屋上のヘリポートと換気ダクトの見学です!

屋上…ヘリポートと換気ダクト

マイニングマシンの設置スペースを見学した後は、屋上の案内をしてもらいました。

そこでまず目を引いたのは、大きな『ヘリポート』
キエフからマイニング工場までは車で5時間かかるのですが、ヘリだと約1時間で到着することができます。

ヘリポートへの階段

今回のツアーでも、リーダーの方たちはヘリで工場まで移動していましたよ。

しかし、言っては悪いのですが、キロヴォフラード、ウクライナ全体があまり財政の良くない国。
ヘリポートのある建物なんて、この近くには無いんじゃないかと思います。

マイニングエクスプレスの工場に発着するヘリを見て、きっと近隣住民は驚いているのではないでしょうか。

また、屋上からは換気ダクトが見えました
マイニングマシンの部屋の空調を行った排気がここにつながっているのでしょう。

ヘリポート脇の換気ダクト

ちなみに、このマイニング工場の換気には、全部ではないけど三菱製のベンチレートシステムを使用しているそうです。
温度管理が重要なマイニング施設において、換気は重要なファクターです。そこに日本製の設備が使われていることは、親近感と安心感がありますね。

上記画像の反対側にあるダクト

これで一通り、施設の見学は終わりです。

率直な感想を言うと…ここまで素晴らしい設備を持っているとは思わず、期待以上のマイニング工場でした!

事前に工場の写真を見たり、以前行った方から話を聞いてはいたのですが、実際に見てみるとその予想を超えた設備の数々に、ただただ圧倒されました
同行して一緒に見学した皆さんも、口々に「凄いね」「素晴らしい」と言っていたり、あるいは言葉にならないほど衝撃を受けていた方ばかりでした。

『百聞は一見にしかず』まさにその言葉通りでした。
長い時間を掛けてウクライナに来た価値は、間違いなくありました!
帰国して、参加した皆さんがこの体験を多くの方に話し、マイニングエクスプレスの凄さが伝わっていくのが、ホントに楽しみです

さて、ここにてウクライナの旅は終わり。
次の日は、トルコのイスタンブールに移動して、マイニングエクスプレスの記念パーティ&カンファレンスです!
次回記事をお楽しみに。

おまけ

関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー①
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー②
関連記事「MiningExpress ウクライナのマイニング工場見学ツアー④


Spread the love