Spread the love

経済産業省が推進するキャッシュレス化

皆さんは、経済産業省が策定した「キャッシュレスビジョン」についてご存知ですか?

近年、多様化された決済方法の1つに、現金を使わずにスマホなどで電子的に決済できる、キャッシュ(現金)レスの決済があります。この決済方法を、国としてバックアップし、普及させようというのが、この「キャッシュレシビジョン」です。

キャッシュレス推進に関する取組み
https://www.kansai.meti.go.jp/5ryusa/cashless/cashless.html

LINE PayやPay Payなど、個々最近スマホで出来るキャッシュレス決済のサービスが急に増えてきたのは、そういった、国からの指針やバックアップが背景にあるからなのです。

何故政府はキャッシュレス化を進めるのか?

それは、日本が諸外国に比べてキャッシュレス決済で大きく遅れを取っているからです。

グラフを見てもわかるように、各先進国に比べて、日本のキャッシュレスの比率は著しく低い水準であることが分かります。お隣である韓国の96.4%と比べると、1/4以下の割合です。現金が使われるということは、日本円に対する信頼が高いことの裏付けでもあるのですが、このまま諸外国に水を開けられたままでは、技術大国の日本としては看過できません。

また、現金を取り扱うのには、それなりにコストがかかってきます。

そのコストは、年間1.5兆円!私達が思っている以上に、現金を取り扱うということは大変なのです。もちろんキャッシュレスになった場合に、コストが0円になるわけではありません。特に初期設備投資などには多額のお金がかかるでしょう。しかし、年間1.5兆円もの維持コストをかけている現金に比べると、それは少なく済むはずです。

2025年までに40%に引き上げ

政府は、上のキャッシュレスビジョンの一つの区切りを2025年とし、現在の19.8%から40%までキャッシュレス決済を引き上げる目標を掲げています。当初は2027年までとしていましたが、2年その計画を早めました。

その背景には、訪日外国人の増加があります。

年々、日本を訪れる外国人観光客の数は増えています。これについても、政府は2020年までに訪日外国人数を4,000万人に、2030年には6,000万人に増やす目標を掲げています。訪日外国人が増えると、日本国内でお金を使うインバウンド消費が増え、国が潤うきっかけとなります。

この訪日観光客への対策も、キャッシュレス決済を推進している一つの要因だと言えます。

キャッシュレス化した時、暗号通貨はどうなる?

さて、キャッシュレス化が進んだ時、暗号通貨はどうなるでしょうか?

例えば、あなたが外国に旅行に行ったと想定してみましょう。あなたが持っている日本円は、そのまま海外で使うことは出来ません。現地の貨幣に両替してからでないと、お店の人は受け付けてくれないでしょう。さらに不慣れな紙幣や硬貨で、言われた金額をスムーズに出すのにも一苦労。両替には高い手数料も取られるし、使えなかったお金をまた日本円に戻さなければいけません。これはとても不便ですよね。

これが、ビットコインなどの暗号通貨で決済できる仕組みが整っているとどうなるでしょうか?わざわざ現地のお金に両替することなく、世界共通の価値を持つ暗号通貨で、国内と同じように決済ができ、手数料もわずか。日本でキャッシュレスの設備が整ってくると、暗号通貨決済の機会も当然増え、その需要は高まっていくことは明白です。

ビットコイン決済が出来る店舗は確実に増えてきています

それに近いのにクレジットカードがありますが、世界にはクレジットカードや銀行口座を持っていない人もかなり多く、そういった意味でも、暗号通貨の公平性はその普及に拍車をかけていると言えます。

マイニングエクスプレスで、将来への備えを

マイニングエクスプレスでは、契約したプランの200%還元を謳っています。キャッシュレス化が進み、日本国内で整備されていくのがあと数年。その時のために、今の倍のビットコインを手元に置く計画をしませんか?

日本政府の進めるキャッシュレス化と暗号通貨の将来性、それを見越したクラウドマイニングへの加入は、今のタイミングでベストな選択だと言えます。


Spread the love